タコス
タコス

メキシコ料理と言えば、何を思い出しますか?そう、もちろんタコスですよね。日本でイメージされるタコスは、固くてパリパリの皮に、ひき肉や野菜とチーズを乗せて食べるタコスですが、当店で紹介するのは、柔らかい皮にいろんな具を載せて食べる、メキシコ本場のタコス。日本で知られているパリパリのタコスは、メキシコ国境近辺のアメリカ南部で作られた「TEXMEX(テックスメックス)」と呼ばれるものです。

メキシコ本場のタコスの皮は、薄いパンやナンのように柔らかいのです。このタコスの皮は、「トルティーヤ」と呼ばれる、トウモロコシで出来た生地で、メキシコの主食です。

もともと、タコスとは「軽食(taco)+複数形のs」で「タコス(tacos)」。日本で言うオニギリのようなもの。オニギリの中身に色んな種類があるように、お好みで具は何でも大丈夫!さらに、上からサルサやライムをかければ完璧です。

「でも、やっぱり何を乗せていいかわからない」と言う方や、簡単手軽にタコスを楽しみたい方は、メキシコ料理ドットコムで紹介しているトルティーヤと具のセットをおすすめします。湯せんで温めるだけで、簡単にタコスをお召し上がりいただけます。さらに、ご自宅で生野菜を用意していただければ、もっと楽しく美味しくいただけます。商品は簡単にわかる、かわいいレシピといっしょにお届けします。

タコス

7商品

  • < 前
  • 次 >
7件 1-7表示
  • <
  • 1
  • >
7件 1-7表示
  • < 前
  • 次 >
タコスの歴史

タコスの歴史

メキシコのタコスは、本来田舎で食べられた庶民の料理でした。昔はお昼になると、メキシコの女性が、畑で働いている主人に料理を持っていく習慣がありました。しかし、主人が働いているところまで長い距離を歩いていたため、簡単に持ち運ぶ料理を考える必要がありました。そこから、タコスの皮「トルティーヤ」が生まれ、私たちが知っている「タコス」が生まれたのです。

田舎に暮らす人々が都会に移動するとともに、食習慣も都市へ移って行きました。そこから、タコスが徐々にメキシコ全土に広がりました。

タコスの一番大事な材料は、間違いなくトルティーヤです。(トウモロコシ等で作られるタコスの皮)。トルティーヤに、 他の料理(肉・豆など)やサルサ(サルサの材料によって、サルサの名前が変わります。例:サルサ・ロハ、サルサ・ベルデ等)、野菜などをかければ美味しいタコスの出来上がり。

日本では、タコスという言葉が知られているが、正しくは、 taco+複数形 の「s」です。スペイン語では、名詞に単数と複数があります(1個はタコ、2個以上はタコス)。

タコスの名前は、地方や材料によって名前が変わります。 日本では、アメリカ風のタコスが知られていますが、メキシコには驚くほど多くのタコスがありますよ。

本場のタコス

メキシコ本場のタコス

タコス発祥の地、本場メキシコのタコスの皮(トルティーヤ)は、まったく固さがなく、とても柔らかいのが特徴です。そして、タコスに何でも挟んでしまうのがメキシコの醍醐味。お魚もお肉もお野菜も、なんでもタコスに挟んでしまします。

メキシコに行くと、賑やかな通りにたくさんのタコス屋台が並びます。

くるくる回しながら焼く豚肉(パストール)を、鉄板の上で焼いた皮(トルティーヤ)に乗せて渡されたり、様々な具を自分で選んだり、バラエティ豊かなタコス。そして、いろんな種類のサルサ(ソース)や、薬味としてのタマネギのみじん切り、パクチー、ラディッシュ等が用意してあります。

日本でお馴染みのパリパリのタコスと違いますね。

では、なぜ 日本でイメージされる「タコス」はパリパリ固くて、具はミンチだけ、なんでしょうか? 実は、このパリパリの皮のタコスは「TEXMEX(テクスメクス)」と呼ばれるアメリカのテキサス州で生まれた、メキシコ料理をアレンジした別の料理なのです。有名なチリコンカーンなども、このTEXMEX(テクスメクス)です。

バブル全盛期に、アメリカからやってきたTEXMEX(テクスメクス)のタコスが日本で広まり、そのまま日本人のイメージするタコスになってしまったのです。


メキシコ料理ドットコムの安心・安全宣言!

食べ方の心配ご無用!かわいいイラスト付きの説明書を同封します!

食べ方の心配ご無用!
かわいいイラスト付きの説明書を同封します!

タコスセットなど、調理の必要な商品には好評の「説明書」が付属します。イラストを交えて、シンプルでわかりやすくメキシコ料理の作り方を解説しています。

情熱の国メキシコから帰国後、2002年 本場メキシコ料理店を創業

情熱の国メキシコから帰国後、
2002年 本場メキシコ料理店を創業

メキシコ料理ドットコムの実店舗「エルボラーチョ」は、現在では全国に8店鋪、メキシコ・カンクンに1店鋪の合計9店鋪で、毎日メキシコ料理を作っています。

メキシコで修行した日本人シェフを中心に、毎日メキシコ料理を作っています

メキシコで修行した日本人シェフを中心に、
毎日メキシコ料理を作っています

当社では福利厚生の一環で「メキシコ研修制度」を設け、社員がメキシコを訪れ、本場の文化を感じ経験を積む試みを行っています。知識だけでなく、メキシコを体感したスタッフが活躍するレストランです。

おかげさまでタコス200,000個突破!

おかげさまで
タコス200,000個突破!

本当においしいか不安...ご安心ください!メキシコ料理ドットコムの、本場メキシコの味にこだわってつくったトルティーヤのタコスは、今までたくさんの方にお召し上がり頂いています。本場の味をみなさまに自信をもってお届けします。

配送は信頼と実績の佐川急便クール便も安心

配送は信頼と実績の佐川急便
クール便も安心

ご家庭への個別配達に定評のある佐川急便でお届けします。冷凍が必要な商品はクール便で迅速にお届けします。

プライバシーやクレジットカード情報のセキュリティ管理は万全

プライバシーやクレジットカード情報の
セキュリティ管理は万全

お客さまの個人情報は専用のコンピューターで厳重に管理し、商品の配達に関連のない第三者に譲渡・提供するなど、本目的以外では使用しません。またクレジットカード番号はSSLという暗号化システムを使用し、厳重に管理されます。